Fusion360 / 無償の個人利用ライセンスの期限更新方法。 期限切れの前でも延長できちゃった話

3Dプリンター

3Dプリンターで印刷するモデルを作る時にお世話になっているFusion360ですが、個人利用の無償ライセンスの有効期限は1年間です。ただし、そこでライセンスが終了、更新不能になる訳ではなく、1年単位で更新することが出来ます。明日で利用期限が終了しますので、更新手続きをしてみました。


期限切れ予告

期限切れが近づくとFusion360のタイトル横に(**日で期限切れになります)と表示されるようになります。

有効期限の確認はヘルプのバージョン情報でも見ることが出来ます。

利用者のブログなどの情報でも、公式のサポートページでも、期限が切れないと延長できないようなことが書いてありますので、いよいよ明日か~と思いながらも、更新手続き方法に従って進めてみると期限切れ前日でも更新できてしまいました。何日前から出来るのかは定かではありませんが、期限が完全に切れるまで待つ必要は無いようです。


更新サイト

まずは、個人用Fusion360のサイトを開きます。Fusion360が起動している必要はありません。

個人用 Fusion 360


サインイン

更新手続き途中でサインインが必須となります。このページを開いた段階でサインインしておくと、申し込みフォームへの入力時に、名前やメールアドレスが自動で入力されますので少しだけ手間が省けます。画面右上からサインインしてください。

登録してあるメールアドレスを入力します。
パスワードを入力してサインインします。

申し込みフォーム入力

サインインが完了すると、個人用Fusion360のサイトに戻りますので、ページ左側(見るデバイスの画面幅によっては上側)にある「利用するには >」 をクリックします。

申し込みフォームが開きますので、必要事項を入力します。入力欄すべてが必須のようです。ただし、業界ニュース、最新・・・。のチェックは入れなくても更新できます。

「次へ」をクリックしてダウンロードページに移動します。サインインしていなかった場合はここでサインインの画面が開きます。


ダウンロード

「今すぐダウンロード >」 をクリックしてファイルをダウンロードします。期限更新のためには、たとえ最新版のFusion360がインストールしてあってもダウンロードが必須のようです。


ファイルの実行

Fusion 360 Client Downloader.exeがダウンロードされます。このexeファイルを実行させる必要があるのかどうか定かではなかったのですが、とりあえず、ダブルクリックで実行させてみました。

このような結果です。ここで、「いいえ」を選択すると何も起こらず終了します。「はい」を選択するとFusion360が起動します。

立ち上がった直後には(1日で期限切れになります)が表示されていたのですが、すぐに通常の(個人用・商用利用不可)に変わりました。exeファイルの実行が必要だったのかは分からないままとなりました。

期限切れの案内が消えました。

バージョン情報での表示には、有効期限の表示がなくなりました。更新作業を行った日から1年なのか、元の有効期限が切れてから1年なのかも分からなくなってしまいました。

これで無事、更新です。ありがたく使わせていただきたいと思います。


参考にしたサイト

この記事を書くに当たり参考にした、AUTODESKのサポートページはこちらです。

スポンサーリンク
3Dプリンター
スポンサーリンク
rimo-WorkShop

コメント

タイトルとURLをコピーしました