セロー250ファイナルエディション 新車はいつまで買える?

serow250 B7C4

セロー250ファイナルエディション。買おうかどうか悩んでる人、まだきっと多いですよね。新車はいつまで買えるのか?

答えは誰にもわからん、が正解なのでしょうけど、それじゃあんまりなので、少し数字を追って状況を見てみることにします。

国内販売台数は?

まず国内販売台数の推移を見てみましょう。

2019年の国内販売台数は2,550台。これは126~250ccクラスでのランキング8位。

続いて、2020年。国内販売台数は6,200台。なんと前年の2.4倍。ランキングは第3位。

やはり最後だということで人気なのでしょうか。

販売前の頃から、「確実に手に入れたい人はお早めに」なんて記事がでてましたもんね。

ちなみに2020年のメーカーの販売計画は4,000台だったらしいので目標達成です。

セローから少し離れるけど、2020年の軽二輪国内販売台数ランキングTOP10は下表の通りです。

順位車種台数
1レブル25013,958
2ADV1506,689
3セロー2506,200
4YZF-R25/ABS/MT-254,921
5PCX1504,212
6ニンジャZX-25R/SE/SE KRT3,089
7Vストローム2503,079
8マジェスティS2,625
9CBR250RR2,595
10CB250R2,225

話戻して、ここで気になるのがファイナルエディションはいったい何台製造されたのか?

そして6,200台の内訳。つまり2018年モデル(B7C1)とファイナルエディション(B7C4)の販売割合は?

そう、これがわかればあと何台残ってるのか推察できるんですけど、ごめんなさい。調べても出てこないっす。過去にちらっと読んだ記憶では製造台数8,000台前後だったような気がするのだが、今調べても何故だか検索に引っかからない。とにかく裏がとれないんです。知ってる人いたら教えて。

検索サイトの台数は?

続いて視点を変えて、検索サイトに何台くらい登録されているか?

私がよく使う、グーバイクで調べてみた。2月6日12:30現在。

セロー250の新車で検索。

549台。

ツーリングセローの新車で検索。

129台。

合わせて678台。これは多いのか?少ないのか?

なお、上記の台数には2018年モデルが若干含まれてます。私が購入した頃にはセロー250だけで700台近くあったので、着実に台数が減ってます。ツーリングセローはその当時調べてないのでわかんないです。

それと、価格がじわじわと上昇してます。今は、最安のお店で支払額総が56万くらいですが、11月頃には54万くらいが結構残ってましたし、同じ店で比べても今と過去では販売価格がずいぶん変わってるところがあります。

実は私が購入を決断した要因の一つに価格の上昇があります。ほぼ毎日価格のチェックをしていて、徐々に全体的な上昇傾向を感じて、「もうたまらん。買う。」てなかんじで決断しました。今思うとあの頃買ってて良かったです。

で、いつまで買える?

結論を言おう。欲しいなら今すぐ買っとけ。おー、なんと無責任。

でも買っとかないときっと後悔するよ。

ファイナルエディションを手に入れて毎日ニヤニヤしている私からひと言。

「買わなくて良かったー」と胸をなで下ろす未来は来ない。きっぱり。

では、またこんど、バイバイ。

スポンサーリンク
serow250 B7C4
スポンサーリンク
rimo-WorkShop

コメント

タイトルとURLをコピーしました